05 Husaberg FS650e エンジン始動不良整備

↑カムシャフト点検ちうの図

2005年モデルのフサベルFS650、
エンジンのかかり具合が良くないので、
諸々点検ちう。

  

↑カムシャフト回転状況確認ちうの図

なんだか、クランキングが重たいので、
可能性のある箇所を見て回っております。

まずは、一番クサイオートデコンプの動きっプリを確認。
サッサとオートデコンプのカムが引っ込んでしまっているの
カモと思い、ハイスピード撮影にて確認しましたが、
なんか全然大丈夫そう。

作業の目的とは関係ありませんが、このエンジン、
オイルポンプは装備しているものの、クランクシャフト内への
循環と、ピストンの裏へオイルを吹きかけているだけで、
カムシャフト周りへ圧送するような事はしておらず、その潤滑は
カムチェーンが巻き上げるオイルに頼っているようなのですが、
今回の動画撮影で、オイルが飛び散る様子が確認できました。
おー、ナルホド、セルフスターターのモーターの回転程度でも
ホントにおいるが飛び散るんですなぁ。大満足♡

 

↑ロッカーアーム点検ちうの図
↑ロッカーアームシャフトの穴の図
そこそこカジって傷だらけ

オートデココンプのカム山もテカっていて、少々削れ気味
なのかも知れませんし、それらの動きをバルブに伝えている
ロッカーアームとその周辺のガタも確認。

うーん、そこそこ痛んではいるものの、
コレと行って、決定的なモノは発見できず。

とりあえず、出来る限りガタが少なくなりように
少々工夫して組み立てなおしてみました。

 

↑被服の破れたホーン配線の図
↑配線手直し完了~の図

またまた全然関係ありませんが、ホーンに給電している配線の
ギボシ被服が破けてしまっているのを発見。
ホーン鳴らしたした瞬間、回路短絡ってのは悲し過ぎるので、
被服も手直し。

ヘッドカバーを組み直して、スパークプラグも組み付け
クランキングさせてみましたが、劇的に軽くなった気配はなし。
とは言うものの、ビミョーな調整の甲斐があったのか、
少々は軽くなった雰囲気。やっぱりデコンプ用のリフト量は
と~ってもビミョーなさじ加減なのかも知れません。

とりあえず、サラッとセルフスタートできるように
各部の調整を進めて行きたいと思います。

“05 Husaberg FS650e エンジン始動不良整備” への2件の返信

  1. あー何か懐かしい感じがしますw
    あれだけの高圧縮ですから、デコンプ効かないと
    厳しいですよねきっと・・・
    無事に治って元気になった姿を
    また見たいなー(^^)

    1. なかなか決定打にたどり着けません(笑)
      調子良く動くようになるまで頑張りまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です