迷走ちう

↑キャブレター組み込み部品確認ちうの図

シェルコのST250、ナゼかメイン系の燃料が激薄な件。

不調の原因を考えてまして、ハタと今朝方思いついた点を早速確認。
期待に胸を膨らまして、キャブレターを分解してみました。

うぅ、大丈夫そうだ。

 

↑パーツリスト確認ちうの図

パーツリストも確認。
何かシール的な部品が組まれてない、とかってハナシも無さゲ。

 

↑圧縮確認ちうの図

キックを踏んづける感じからすると大丈夫そうに思えましたが、
一応エンジンの圧縮も確認しておく。
11k近くありますなぁ。(コレが正常な数値なのかどうかも判らん)

 

↑ケースのブリーザーホースタケノコの図
↑当店秘蔵ホースの図

クランクケースのブリーザーホースが無くなっているので、
適当にどうにかしておいて、というオーダーもあったので、
そちらも対応。
案外細いチューブを使うみたいで、良く使う6mmくらいのは
太すぎてNG。当店秘蔵のホース類をゴソゴソしてヨサゲな
チューブを引っ張り出して一件落着。

ん? 本題の方は何も解決してないぞ。
ま、キャブレターの組間違いとかってハナシは無さそう、
って事までは確認って事で、次ぎに進みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。