変速レーバー修理

↑割れちゃった変速用レバーの図

ご近所の方から、ホンダのFU600という耕耘機、変速用のレバーが
折れちゃったので、応急処置のご依頼です。

 

↑全体の~の図
↑溶接完了~の図
↑インチキ塗装~の図

おそらく、邪魔な時にはすぐに外せるように、レバーは
本体に差し込みで、ベータピンで抜け止めしている構造です。
差し込みも割と浅く、カンチレバー的な感じになるところに、
ピンの穴があるものだから、割れちゃうみたいですねぇ。

新品が欲しいという事なので、今探してますが、
とりあえず入手できるまでの間使えるように、溶接です。
が、もうパイプが曲がっていて、溶接しちゃったら根元まで差し込めない
ような状態で、ガンガンひっぱたいて誤魔化してもらいました(笑)

 

↑報酬の図

で、レバーを持って行った帰りに、ナスと、試し掘りをしたピーナツを
頂きました♡ マッハで完食。

ごちそう様でありまーす。<(_ _)>

 


“変速レーバー修理” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です