耕耘機、変速レバー交換

↑作業完了~の図

耕耘機の変速レバー交換のご依頼です。

 

↑届いた新品レバーの図

先日、レバーが折れてしまって、溶接して応急処置をしておき
新品の部品のオーダーを頂いておりました。
昨日、届いた部品を納めたのですが、部品の仕様が変わっていて、
レバーだけスポスポっと交換できる構造では無くなっており、
交換もご依頼いただきました。

  

↑旧部品取り外し完了~の図
↑新旧部品比較の図

上の写真の右側が古い部品で、先端の色の違う部分は
別構造でしたが、新部品は一体モノになってました。
なもんで、交換には若干の分解が必要。

 

↑組み立て完了~の図
↑試運転の画

小一時間で交換作業、終了~。
交換作業というより、掃除と給油作業って感じです。

新しい変速レバーは頑丈そうです。
レバーが頑丈になった分、本体がいじめられて可哀想な気もしますが(笑)

農耕機の構造、非常にシンプルかつ効率的で
見ていて楽しいですよねぇ。
このエンジンの動力を伝えるクラッチの構造など、
考えた人天才的。

てな事で、皆様の作業のお手伝い致します。
作業ご用命をお待ちしております。
<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です