5型200系ハイエース ヒッチメンバー取り付け

↑ヒッチメンバー到着~の図

5型(?)200系のワイド&ロングのハイエースに
ヒッチメンバーを取り付けました。

 

↑フレームから腕を生やしたの図

今回は、大阪のDMDさんが製造販売されている
ヒッチメンバーを取り付けです。(オーナーさん選択の品であります)
こちらの品、大変お安く、しっかりしていて、申し分ナシ!
発注して2ヶ月ほどで作ってもらえました。アリガタヤ・アリガタヤ。

 

↑横桁取り付け完了~の図
が、バンパー組めない事が判って、一旦外した(笑)
↑配線取り出しちうのオーナー氏の図

ヒッチメンバー取り付けで、忘れがちなのが電気配線の取り出し。
ぶっちゃけ、本体の取り付けよりもこちらの方が
手間かかります。どこから車内に配線を引き込むか、
そこから既存ハーネスまで配線を通せるのか、
かな~り面倒クサイです。

その他、昨今の灯火類LED化により、既存のハーネスに
直接トレーラーの灯火類の電流をかけられなかったりもして、
個別にパワーリレーを組む必要があったりします。
皆さん、構造物ばかりに気を取られて、コスト的にこの辺りの事が
スッカリ頭から抜けてちゃっている事が多いので、要注意です。

今回は、材料手配から何から、オーナー氏が用意してくれていて
作業もご自身でやってもらったので、超楽ちん。
ワタクシが車の下でゴソゴソやっている間に、平行作業です。

 

↑作業完了~の図
↑レシーバー取り付けの図

てな事で、大変良い品物で取り付けもしやすく、
さらに二人作業で、作業はマッハで終了。

ヒッチメンバーの張り出しも最小限に抑えられているようで、
少々の段差であれば、擦ってしまうような事もなさそうです。

皆様からの作業ご用命をお待ちしております。
<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。