ヤマハ マグザム スターターモーターチェック

↑ご開帳~の図

エンジン不動のYAMAHAなデッカいスクーター MAXAM、
(アルファベットで表記すると、スゲーかっちょE~!)
原因特定作業ちう。

 

↑セルモーターの電極露出させたの図
写真中央付近 判るかなぁ~?
↑赤ワニ口接続の図

えー、不動の原因は、どうもセルフスターター回らない事のようです。

エンジンのスタートボタンを押すと、リレーはカチカチ言ってるので、
リレーの接点か、モーターが犯人だと思うのですが、
リレーは本体にアクセスするのに、車体の外装を全部とっぱらう勢いが
必要なので、比較的アクセスしやすいモーター側から確認。

スロットルボディー直下にモーターが居て、さすがに電極を
露出させて、そこに配線するってのはハイリスク過ぎるので
スロットルボディーにチョイとどいて頂きました。

で、かなりタイトな経路でバッテリーのジャンパーコードを
通す事ができたので、度胸一発バッテリ-のプラス端子に
直結してみました。が、タダの屍のようで、何も起きませんでした。

 

↑モーター端子の電圧確認ちうの図

次ぎに、スタートボタンを押すと、モーターの端子まで
電圧がかかっているのかを確認すべく、繋いだジャンパーコードの
先っちょで測定。見事導通はしてますが、果たしてリレーの接点が
大電流を流せる状態なのかどうは不明。
ここで激しい電圧降下は起きないので、モーターの方で電気を
食ってる感じは無く、この状況からしてすくなくともモーター本体が
ダメなのは確実だろう、という結論に。

部品の番号を調べて、価格と在庫を確認。
幸いすぐに手に入りそうだけど、価格が3万円弱と
かなりな強烈プライス。交換用ブラシのセットも5千円くらい
するので、手間やリスクと車体のお疲れっぷりを考えると、
モーター本体ごと交換が吉でありましょう。

速攻でお客様に相談の電話を入れ、今後の作業の進め方を相談すると
まずはモーター本体交換にGO!が出ました。
コレでダメだったら、ヤバいなぁ。

“ヤマハ マグザム スターターモーターチェック” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です