配線解析ちう

↑テールランプの図
なかなかダイナミックな電球配置

99のフサベル FC501、中古新規検査に向けて
作業進行ちう。

  

↑テールランプ点灯の図

えー、エンジンかけても発電してない系なので、
ただ今原因究明ちう。
コイルが無事なのは、先日のスワップ大会で確認済みなので、
車体側の何かでございましょう。

コレ、モトクロッサーなので、メーカー製のワイヤーハーネスが
組まれていなかったようで、どうも、ホンダのワイヤーハーネスを
マルっと使って、どなたかが灯火類が機能するように仕上げている模様。

バッテリーを積めるようになっているので、とりあえず
端子に電圧をかけて、テールランプとブレーキランプが
点灯する事は確認できました。

が、このテールランプがなかなかの品が付いてます。
一個のバルブが横向き左右非対称に入っているので、
どうも光の散りっぷりにムラがあります。
ぱっと見、2個の電球が入っていて、片側が切れているように
見えてしまいます。コレはちょっと手直しですなぁ。
その他、リアブレーキのスイッチも死んでいる事が
確認できました。

 

↑ヘッドライトマスクの図

ヘッドライトマスクも引っ張り出してみました。
何か、レンズカットが逆向きのような雰囲気。
後ほど、ちゃんと確認しましょう。

まー、この辺りは、ダメで元々なので、何か考えます。

  

↑エンジンオイル排出ちうの図
↑出てきたエンジンオイルの図

発電の確認で、散々ぱらエンジンをかけまして
そこそこ暖まって、エンジンオイルも良い感じにかき混ざったと
思うので、一発排出してみました。

なかなかのオイルが出てきます。

こんだけ真っ黒だと、ケース内の沈殿物が怖いけど、恐ろしいので
それは考えない事にしよう。
実際に走らせるまでに、何回かオイルを出し入れしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です