montesa ピストンリング交換作業の続き

↑シリンダヘッドのカーボン溶かしちうの図
溶剤を吹く前の写真を撮り忘れた

昨日、ピストン出して、カーボンで打ち砕かれた
モンテッサのピストンリング交換作業の続きです。

 

↑シリンダー掃除ちうの図

やはり、サラリという訳にも行かず、
ピストンも外して、ヘッド、シリンダ、ピストンの3点セットの
掃除はソコソコ真面目にやりました。

 

↑お掃除完了~の図
↑ヘッドの図
↑ピストンの図
↑ピストンピンの図
↑コンロッドの図

掃除してみると、結構皆さん、気合い入ってました。
まーまー、何が何でも全部カンペキにしないと、エンジンは
回らないって事では無いので、各々方が使い方にあった
満足できるパフォーマンスを発揮できる範疇で使って居れば、
ソレが正解なのだと思います。

聞けば、乗る時は週に数回乗るような事もあったんだそうで、
そこそこ整備もしながら乗り続けているのだそうです。
やはり、ホンダエンジン恐るべし、って感じでしょうか。

  

↑組み立て完了~の図
↑圧縮計測の図
↑ピストン確認の図

てな事で、バババッと組み立て。
やっぱし2stは良いすなぁ。

組み上がった所で、一応圧縮を確認しました。
こんだけあれば、問題無さそうです。

実は、分解前に計ってまして、その時は15Kくらいまで上がってました。
組み立て後の方が下がっているのは、リングの馴染み具合ってのも考え
られなくはないですが、組み付けグリースが効いていると思うので、
おそらくてんこ盛りになっていたヘッドのカーボンの体積分
燃焼室が広くなった、っての原因なのではないでしょうか。

しかし、あんだけピストンリングが固着していても
そこそこ圧縮は上がるんですねぇ。

 

後は、電気周り配線、ラジエター、マフラー、キャブレター、
リアショック、燃料タンク、カバーの順番で
組み立てれば、作業完了!
(この順番でないと組み立てられなかった(笑))
無事にエンジンもかかり、先ほどオーナーさんが迎えに来て
下さいませして、一泊二日のマッハ作業で、一件落着。

エンジンはさておき、トライアルバイクの車体の組み立ては
何か独特な感じがありますなぁ。

てな事で、皆様のオートバイ遊びのお手伝い致します。
作業のご用命、お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です