想定外の事態です♡

↑いざ組み付けの図

やっとこカワサキ 90SSのクランクケースを閉じる時が
やって参りました!

 

↑ダメだったのでまた開けたの図
組み立て前との差が判るアナタは通

入念に寸法を確認して、万が一の失敗もなきよう、
ここまで緻密に進めて参りましたが、今まさに苦労が
報われる瞬間であります!

プーラーでクランクをベアリングに引っ張り込んで、
さーもう後戻りは出来ません。
ケースのボルト仮締めして、プーラーを外した所で、
マサカの想定外な大トラブル発生!
クランクシャフトが回りません!!

なんじゃこらぁ~!

えー、なんでぇ~。何が起きたのか、判らねぇ~。
この徒労感ったら、もう凄いさぁー。

って事で、泣く泣く一旦ケースを分解。
ケース用のプーラーで押す出すと、当然ベアリングは
クランク側に付いて抜けちゃいます(涙)

 

↑左側のケースにクランクシャフトだけ入れてみるのず

ケースの内幅よりクランクシャフト総幅の方が0.45mmも小さいので、
パンパンで回らなくなる事はあり得ず、後で被せた左側のケースと
クランクシャフトの間に何か挟んでしまったとか、そんな事のハズ
なんですが、分解してもそれらしきモノは見当たらず。

仕方ないので、一旦全部分解して、左側ケースにベアリングを組み直し、
様子を見ながらクランクシャフト単体で引っ張り込んでみました。

すると、最後の最後、インナーレースとシャフトが当たるくらいの所
まで来て、ケースとクランクが擦り始めました。

 

↑干渉部分発見の図
↑旧ウエブと比較の図

少々ゴリゴリ擦ってから、再度分解。
ケースの内側を見てみると、ウェブの角がケースの外にビミョーに擦ってました。
今回組んだクランクシャフト、左側のウエブを新品部品に交換しているので、
新旧比較をしてみますと、0.2mmチョイ組んである方デカい事が判明。
が、こんなビミョーな差で擦るんですかねぇ。
ともあれ、もう少しウエブの面取りがデカければ擦らないようにも
思えるのですが、機械加工するにしても、一旦分解しないと
上手くチャッキングできないカモなぁ。

 

↑芯出しちうの図

またクランクシャフトを分解するのは、ちと手間がかかりすぎるので、
どうにか組んだ状態で上手くチャッキングできないか試してみました。

ナルホド、ウェブの外周、そもそも丸くないんですなぁ(笑)

もちっと何か良い手が無いか、考えよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。