90SSクランクシャフト整備

↑クランク組み立てちうの図

カワサキ 90SSのエンジン クランクシャフトの整備です。

大端ピン、コンロッド、ベアリング、スラストベアリングを交換です。
(あー、あと、ウエブも片側だけ)

 

↑押し棒作製の図
↑下敷きプレート作製の図
↑分解ちうの図

えー、抜けなかったらどーしよー、とか超ビビリながら
作業に入りましたが、割とアッサリ分解できました。
ピンを抜く時の最初の一発も、7~8トンくらいかけたら動いて
くれまして、先日作った道具は無事お役目を果たす事ができました。

あ゛~、えがった。

 

↑並べて観察ちうの図
↑観察~の図

どのくらい使い込まれたクランクシャフトなのか判りませんが、
大端ピンに筋もはいってますし、コンロッドの両端も新品と比較すると
シッカリ大きくなってました。オモロイですなぁ。

 

↑錆びちゃってたおNEWのウエブの図
↑お掃除完了~の図
↑シールのリップ溝補正ちうの図
↑並べてみたの図
↑組み立て準備完了~の図

そして、お客さんが外国のお店で見つけてきた、新品のウエブ。
シールのリップが擦れて、溝が掘れていたので、購入しておいてくれたのですが、
錆びてスゴイ事になっておりました(笑)

てな事で、再使用する側と供に磨きまくりの助。
シールのリップで出来ちゃった溝も、消せませんでしたが、
なるべく滑らかにしておきました。

 

↑組み立て開始の図
↑仮組の芯確認ちうの図

そんでもって、いよいよキンチョーの組み立て。
後の芯出し作業が楽になるように、ピンを押し込む時点で
なるべくチョッキリ芯を出しながら圧入。

規定の幅になるまで押し込めば完成~。
って、この調整が結構大変。圧入の際に、どうしても
有る幅でジャンプするように入って行くので、思い切りと諦めが重要。(笑)
ま、ある程度やり直しは効くんで、ビビる事は無ぇス。

 

↑芯出し完了~の図

で、最後の難関、芯出し作業。
想像力と腕力(パコパコ叩く)が勝負です(笑)

組み立ての際に頑張ったのが効いて、案外アッサリ芯が出ました。

てな事で、まずはクランクシャフト完了~。
素直に内燃機屋さんに出せよ!とか、そーゆー事は言わないx2。
今後長きに渡りお付き合いしそうなエンジン様なんで、
細かいトコロを見ておきたいのでございます。
(実際、かなり発見あったし)

皆様からの作業ご用命をお待ちしております。
<(_ _)>

“90SSクランクシャフト整備” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。