燃料ポンプ取り出し、状態確認

↑作業ちうの図

ヒョースン GT250Rの燃料ポンプの状態確認です。

 

↑取り出したポンプの図
↑動作確認ちうの図

燃料ポンプのモーターは回るのですが、燃料を送ってくれません。
タンク外観からでは何も判らないので、燃料ポンプを外して確認です。

取り出してみますと、なかなかの面構えをしたポンプ登場。
フィルターもかなり汚れております。

電源を繋ぐとモーターは回りますが、何か振動も多く
音も良くありません。そのまま燃料に浸けてみましたが、
やっぱり送らない事を確認。

原因はポンプをぶっ壊して分解しないと判らんですが、
とにかくアウト!って事で、部品を発注。

 

↑燃料タンク内の図
↑錆びと錆び水の固まりの図

以前に燃料タンクの中が激しく錆びてしまった事があるようで、
タンク内面はコーティング剤でシッカリと覆われておりました。
歴代のオーナーさんの中に、頑張って整備した人が居るんですねぇ。
もう、ガビガビに錆びちゃったタンクの処理、スゲー大変ですから
頑張ったんスねぇ。

今回のトラブルは、燃料タンク内が錆びた時に装備されていた
燃料ポンプをそのまま使用されており、固形物が多く混じった
燃料を圧送し続けたものが今回力尽きちゃった、
ってなストーリーなんでないかと。

残念ながら国内に部品の在庫が無くて、メーカー発注となりました。
まー、こんなもん、なかなか交換するモンでもないから、そらそーだ。
2週間程で届く予定でございます。手に入ってヨカッタ~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です