HUSABERG 2007年モデル エンジン整備開始

↑脱皮前の図

諸々の作業と並行して、自分のo7 フサベル FE450の整備を開始。
おいぃ~、そんな事している場合かー?

縦割りエンジンとか呼ばれているヤツです。
その通り名のように、縦に割れるクランクケースが、
最中合わせにシリンダのスリーブを挟んでいる、ちょっと不思議なエンジン。

 

↑脱皮後の図

お客様からバイクに乗りに行こうというお誘いを受けても
乗りに行けるバイクが無いのと、諸々事情もございまして、
この際やっとくべーと超重たい腰を上げた次第。

昨晩、コッソリとエンジンをおろしました。

 

↑ヘッドパカっとなの図
↑バランサーシャフトの図
ほぼ減ってませーん♪

そして、朝一からエンジン分解。

ちょっと自慢しておきます。
このエンジンの泣き所の一つと言って良いとおもいます、
シールのリップで減ってしまうバランサーシャフト。
グリスを入れて組み直しておくと、案外減りません。
現在41時間、1400km程走らせてますが、かなり具合良いッス。
ま、結構頻繁に開け閉めしていたので給油状況は
あり得ないくらい超良かったと思いますけどねぇ。

 

↑イロイロ情報収集ちうの図
↑ケースパカパカっとな

再度の臓物を全部出したところで、
組み立てに必要な数字を確認しておきます。
それらが終わると、ケースを分解。
やっぱ650に比べると、シリンダのスリーブが超短いです。

 

↑デロリアンな沈殿物の図

ずっと放置しておくと、エンジンオイルに混ざった
いろんな汚れが沈殿して、エンジン底部に堆積します。
コレみると、エンジン止めた直後にエンジンオイルを抜きたくなりますなー。

実際、新車のモトクロッサーを下ろした時は、走り終わったら現場に居る内に
速攻で抜いてました。が、ダートバイクの場合、洗車後にエンジンを
かけられないという欠点がございます(笑)

 

↑ピストンリング生存確認の図

イロイロ不具合があって、ピストンリング折れたのかと
推測しておりましたが、ぬわんと無事でした。
ががーん。
じゃー、不具合の原因は何だっただ....

  

↑ピストン掃除の図
↑面取り&傷のエッジ取りちうの図

考えてもしようが無いので、整備開始。
まずはピストンから。
カーボンの除去と、面取り。さらに、石か何かを吸い込んだ時に付いたと
思われるボッチリや、縦傷のエッジを取り除き。

 

↑計測ちうの図
↑修正ちうの図

次ぎにクランクシャフトの状態確認。
やはり450はショートストロークのせいか、650や550に比べると
ハの字っぷりが小さかったです。
自分は、逆ハの字になるくらいまで調整して組んでますが、
ロードコースのストレートとか、調子に乗ってブン回すと
すぐまたハの字になってしまうようです。

   

↑面取りちうの図

お次はクランクケース。
角っちょを全部面取りしてやります。
メーカーから出てくる時点で、かなり面取りされてますが、
ところどころ残ってるバリ取りも含めて、全部やり直してます。
この後の掃除が一番大変です。

写真に撮ってませんが、この後ダウエルピンを抜くのに工具作ったりして
本日時間切れ。また明日もやっちゃいます。

“HUSABERG 2007年モデル エンジン整備開始” への2件の返信

    1. このようなスリーブを入れるタイプも検討しましたが、サイズが無いんですよねぇ。
      あと、構造的に、スリーブを起きたい手前に、同径で溝やら穴やらがあるので、そもそもこの手法は使えないのです。

      溶射で盛って整形って方法でやってみたいですが、これまた径が小さいですしねぇ。
      四の五の言わず、少々の歪みはシカトって事で、TIGで盛って整形ってのが正解なのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です